母親が育児に口出し!そんな場合の対処法

母親が育児に口出し!そんな場合の対処法

テスト勉強!母が一緒に学ぶメリット10個

 

育児にすぐに口出しする母親っていますよね。それが自分の母親であればまだ反論することもできるはず。しかし、義理の母親の場合には、言い返すこともできないかもしれません。どんどんストレスが溜まっていく可能性もあるでしょう。ここでは、そんな母親が育児に口出しをする場合の対処法をいくつかご紹介していきます。

 

素直にアドバイスを聞いてみる

 

テスト勉強!母が一緒に学ぶメリット10個

 

おばあちゃんの知恵というのは意外に的を射ているケースも存在します。余計な口出しをして欲しくないのもわかりますが、一度素直に耳を傾けてみましょう。確かに的外れなケースもあるのかもしれません。しかし、素直に聞いてみることでもしかしたら育児が格段に楽になる可能性があります。そしてもしもそのことが母親にも伝われば母娘仲も円満になりますよね。一度だけ耳を傾けてみましょう。

 

時代が違う理由を理論的に説明する

 

テスト勉強!母が一緒に学ぶメリット10個

 

確かに育児の方法は時代によって変遷するものです。例えば、母親世代のケースでは抱き癖がつくからと泣いている子どもは抱っこしてはいけない時代だったかもしれません。しかし、現代の育児では泣いている子どもはできるだけ抱いてあげましょうと指南されているはずです。子どもの心理的にも抱っこしてあげることで愛情が深まり、感情豊かな子どもに育つと言われています。抱き癖がつく苦労よりも子どものために抱いてあげたいのだと理論的に説明すれば母親もきっと納得してくれるでしょう。一度納得できたなら、それ以上余計な口出しはされなくなりますよ。

 

どうして困るのかを説明する

 

テスト勉強!母が一緒に学ぶメリット10個

 

子どもにお菓子をあげる時間をきっちり決めて育児をしているママさんにとっては、母親が節操なくお菓子を食べさせてしまうことにイライラしてしまいますよね。お菓子の食べ過ぎは虫歯の元。また、時間を決めることで生活リズムが整っていきます。そのことをきちんと説明し、お菓子を節操なくあげてしまう行為は子どもにとってよくないのだと説明してあげましょう。ただ「やめてください」と言ったところで、母親には理由がわかりません。同居の母親であればなおさら説明する必要があります。ただし、たまに合う遠方の母親のケースでは、少しだけ譲歩することも大切です。1日くらい規則を守らないからといって、生活リズムが乱れる心配は少ないと言えるでしょう。それよりも、母親との仲を円滑にしておく方が得策です。

 

口出しに対してお礼を忘れない

 

テスト勉強!母が一緒に学ぶメリット10個

 

口出しといえば聞こえが悪いですが、母親はあなたの育児を心配しているだけです。気遣ってもらっているのだと気が付きましょう。そのため、ダメなことはダメだとはっきり言ったとしても「アドバイス感謝します」「ありがとう」などときちんとお礼を言うことを忘れないでくださいね。例えありがた迷惑な行為にでもお礼は言った方がいいでしょう。家族円満のためにも必要な行動です。

 

子どもには罪はない!母の言うことを聞かないように言いつけないこと

 

テスト勉強!母が一緒に学ぶメリット10個

 

NG行動は子どもに「おばあちゃんの言うことは聞いちゃダメよ」などと言い聞かせる行動です。もしも、そのことを母親が知ったらどう思いますか?きっと傷つきあなたへの心証も悪くなってしまうでしょう。いくら子どもに口止めをしたところで無意味です。子どもは正直なので聞かれたら素直に話してしまうもの。そのため、常日頃から言動には注意をして母親の困った行動を子どもの前で話すのを控えましょう。子どもには罪はありません。どうして大好きなおばあちゃんの言うことを聞いてはいけないのだろう?と板挟みになり苦痛を感じてしまいます。

 

イライラしたら息抜きを!

 

テスト勉強!母が一緒に学ぶメリット10個

 

もしも母親の口出しが止まずにイライラが募ったなら身近な夫などに相談し、愚痴をこぼしてストレスを発散しましょう。そして少し育児への息抜きが必要です。しかし、口出しをする母親に子どもを預けるのは嫌ですよね?夫やママ友などの力を借りましょう。そして一人で買い物に出てみたり美容院に行くなどして息抜きをすることが大切です。とはいえ、何かの際には母親の協力は必要になってきます。その時にギクシャクしてしまわないようにできるだけ母親との仲も円満に保つようにしてください。

 

まとめ

 

テスト勉強!母が一緒に学ぶメリット10個

 

いかがでしたか?母親の育児への干渉は本当にイライラしてしまいますよね。誰もが通る道です。しかし、少しだけ考えを変えて、実は良いアドバイスなのかもしれないと素直に話を聞いてみることも大事なこと。もしかしたら今まで気がつかなかった素敵な育児が見つかるかもしれません。また、イライラしたとしても、不機嫌な態度を取らずに理論的に母親に説明してみましょう。コミュニケーションを取ることが対処法です。きっと少しの誤解があるだけです。お互いの考えの違いを認識することで家族関係も円満になっていきますよ。